スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディムジカアンサンブル 団の規約

2007/1/19
「会則」  
メディムジカアンサンブル規約

第1章 総則
(名称)
 第1条 この楽団はメディムジカアンサンブルと称する。
(目的)
 第2条 この楽団は、演奏活動を通じて団員相互の親睦と演奏技術の向上を図り、音楽演奏の歓びを聴衆と共に団員同士が分かち合うことを目的とする。
(運営方針)
 第3条 この楽団は公共性を持つアマチュア団体として自主的かつ民主的な運営を行う。

第2章 団員
 第4条 この楽団は第2条の目的に賛同する医療関連従事者およびその家族や、学生や、その他公募の団員をもって組織する。
 第5条 団員は、毎月細則に定めるところの団費を納入しなければならない。
 第6条 団員は、細則に定める団員規程によって入退団する。
(団友およびエキストラ)
 第7条 特別な事情で、演奏会の開催が困難な場合、賛助出演者を招聘することができる。
  ただしその処遇については細則の定めるところによる。

第3章 事業
 第8条 この楽団は次の事業を行う。
      1、年1回の演奏会
      2、その他団の目的達成に必要な事業

第4章 役員(幹部)
第9条 この団には次に役員を置き運営に関して適宜協議を行う。(幹部会と称する)
      1、団長        1名
      2、副団長       2名 (弦代表1名、管代表1名)
      3、運営委員      1名
      4、広報担当      1名   
(役員の職務)
 第10条 役員はそれぞれの次の職務を行う。
1、団長はこの団を代表し、団の運営を統括する。入団,退団に関する窓口となる。必要に応じて職務を部分的に他の役員に委任することができる。
2、副団長はそれぞれ弦、管その他のパートをまとめ団長を補佐する。
3、運営委員は運営に関する細部の調整を行い、事務的庶務を行う。
4、広報担当は演奏会開催の対外的な広報宣伝活動を行う。

(役員の選出方法)
 第11条 いずれの役員も幹部会の推薦により総会で承認を得なければならない。

(役員の任期、兼任)
第12条 役員の任期は3年とし、再選及び重任は妨げない。ただし、役員の補欠のため選任された者の任期は残存期間とする。基本的には兼任しないが、状況、必要に応じて役員,係は一人が複数の役割を兼務できる。

(その他)
 第13条 この団にトレーナーや顧問を置くことができる。
 第14条 トレーナーや顧問は幹部会の推薦によるが、任期は1年を原則とする。
 第5章 諸係
 第15条 この楽団には次の係を置く。必要に応じて複数の係を兼任できる。
1.コンサート・マスター:総会で選出され音楽面において演奏全体を統括する。
2.パート・リーダー:音楽面において各パートをまとめる。
3.会計係:集金担当、銀行口座担当それぞれ1名ずつ。
4.ライブラリアン:楽譜の管理・配布などを行う。
5.運送担当:主に演奏会の楽器その他演奏に必要な機材の運搬を担当する。
6.プログラム作製係:演奏会のプログラム作製を行う。
7.著作権担当:演奏曲目に関して著作権料支払いの必要性の有無を調べ、必要であれば団費より支払いを担当。
8.録音、撮影担当:演奏会の録音、その他映像撮影を行い、後日記録を配布する。
9.会計監査:会計監査を行う。
 第16条 各係は幹部会の指示により、その職務を行う。
 第17条 15条の1から8の各係は団員の自薦、他薦により、団長が委嘱する。
 第18条 係の任期は1年とし、再選及び重任は妨げない。ただし、役員の補欠のため選任された者の任期は残存期間とする。
(議決機関)
第6章 会議
 第19条 この楽団に次の会議を置く。
      1、総会
      2、幹部会
 3、パートリーダー会
 第20条 総会は通常総会と臨時総会とする。
      1、通常総会は定期演奏会終了後2ヶ月以内に開催する。
      2、臨時総会は次に掲げる場合に開催する。
a, 団長が必要と認めたとき。
b, 団員の5名以上の要請があったとき。
C, 幹部会が必要と認めたとき。
(総会の成立)
 第21条 総会は団員の2分の1以上の出席(委任を含む)をもって成立する。総会の議決は出席者の過半数による。賛否同数の場合は議長の決するところによる。

 第22条 議長および書記は出席した団員の中から選出する。
 第23条 総会の審議事項は次の通りとする。
      1、役員の選出および承認
        (幹部役員、コンサート・マスター、会計監査役など)
      2、事業計画(演奏会の計画など)
      3、事業報告
      4、前年度決算の承認、次年度予算の承認
      5、規約の改正
      6,その他
 第24条 総会の議事録は書記が作成する。

(幹部会の招集)
 第25条 団長が必要と認めた場合、または他の役員の2名以上が必要と認めた場合、団長は幹部会を招集し、懸案事項に関して協議を行う。

(パートリーダー会の招集)
第26条 パートリーダーは各パート1名選出し、代表者としてパート内の連絡,統括を行う。団長が必要と認めた場合、または他のパートリーダーの2名以上が必要と認めた場合、団長はパートリーダー会を招集し、懸案事項に関して協議を行う。

(選曲)
第27条 選曲は基本的には、団員からの推薦曲の候補から、総会にて行う。しかしながら、プログラム編成上、実現困難と幹部会にて判断された場合、パートリーダー会あるいは指揮者に再検討を依頼し、その検討結果を総会に差し戻し承認を得て最終決定される。

第7章 会計
 第28条 この楽団の会計年度は1月1日から12月31日とする。
 第29条 この楽団の運営に関する経費は団費、演奏会収入をもって充てる。この楽団の欠損金は団費、事業収入、寄付金、補助金及び利子収入をもって補填する。

 第30条 この楽団の出納は団長の承認を得て会計係が行う。
 第31条 この楽団の会計については1年に1回以上の監査を行い総会の承認を受けなければならない。

第8章 慶弔事項
 第32条 団員や関係者の慶弔時には幹部会の承認を得て相当額の慶弔金を送ることができる。
第9章 その他
 第33条 この楽団に帳簿を置き、団務の処理を明らかにする。
  1、規約 2、議事録 3、文書発受簿 4、会計簿 5、団員名簿 6、団の資産リスト
 第34条 この規約の改正は、総会の決するところによる。
 第35条 この楽団が解散する場合の資産の処理については、総会の決するところによる。


          附     則
この規約は、平成19年1月15日より施行する。

代表者  岸田昭世     印   






  メディムジカアンサンブル 細則

第1条 本規定はメディムジカアンサンブル規約第2章第4条から第7条の定めるところによる。
(権利)
第2条 メディムジカアンサンブルの団員(以下団員と呼ぶ)は、この楽団の練習に参加し演奏会に出演し、行事等に参加する権利を持つ。
 第3条 団員は、総会を通じてこの団の運営に参加する事ができる。
(義務)
第3条 団員はこの楽団の練習及び演奏会および行事等に支障を来さぬよう、考慮すべき特段の理由無き場合、極力毎回参加し、運営に協力する義務を有する。極端に参加が少ない場合、団長は幹部会の承認を得て当該団員に休団を勧告することができる。
第4条 団員は団長に連絡先(電話 メールアドレス 住所)を申告しなければならない。
団長は申告された団員の個人情報を厳重に管理する。
(団費)
第5条 団員は、医師歯科医師;月額5、000円、その他一般団員;月額3、000円、学生、大学院生;月額0円の団費を、毎月定められた期日までに定められた方法で納入しなければならない。
 第5条 納入された団費は返却しない。
(入団)
第6条 入団希望者は団長にその意志を連絡しなければならない。団長は幹部会へ報告してから、入団希望者を仮入団させることができる。
第7条 仮入団期間として2ヶ月の猶予期間を設け、入団成立の3ヶ月後より、団員としての団費納入義務が生じる。団員は団費を基本的には銀行口座振り込みにて納入するが、振込が利用できない場合、現金にて規定の額を会計係に遅滞無く、支払いを行う。

第8条 仮入団期間中に団の統制を乱し、または団の信用、名誉を傷つけるような行為のあったと認められたとき、団長は幹部会の承認を得て、仮入団団員の正式入団を断ることができる。

(休団、退団) 
第8条 団員は次の各号により特段の理由を団長に申し出ない限り休団状態と見なされ、それ以後当該年度の活動参加はできなくなる。休団者の復帰に関しては、その意志を団長に申し出て、幹部会で承認されることが必要となる。
     1、本人が休団を申し出て運営委員会で承認されたとき。
     2、活動に3ヶ月参加しないときや会費の納入を3ヶ月怠ったとき。
 第9条 団員は次の各号により退団する。
1、 本人が幹部会役員に退団を申し出たとき。
以下の2,3に該当する場合、団員本人の意志に関わり無く、幹部会の決定により団員を除名,退団させることができる。
     2、活動に6ヶ月参加しないときや会費の納入を6ヶ月怠ったとき。
3、楽団の統制を乱し、または楽団の信用、名誉を傷つけるような行為のあったと、幹部会で認められたとき。

第10条 賛助の処遇
賛助出演者の参加についてはいずれも幹部会の承認を得て交渉を行う。賛助出演者には幹部会で条件検討の上適切な報酬を支払う。


この細則は、平成19年1月15日より施行する。

代表者  岸田昭世     印   
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

演奏会履歴

「演奏履歴」  

1988年 6月 第8回フライエ・クンスト定期演奏会に参加  
マスネー・間奏曲、ブラームス・ワルツ演奏  
注)フライエクンスト:医師会男性合唱団(現在活動停止中)

1989年 2月 メディムジカ・アンサンブル結成 (伊藤隆明先生(P)の命名)
6月24日 第9回フライエ・クンスト定期演奏会に賛助出演

(演奏会内容 団員 演奏会場所)
第1回 1990年 平成2年 7月7日 土曜日 「かざぐるま」賛助出演 32名 東区民センター
バッハ:小フーガ、モーツアルト:アイネクライネ、ブリテン:シンプルシンフォニー  
注)かざぐるま:医師会女性合唱団

第2回 1991年 平成3年 8月31日 土曜日 「フライエ・クンスト」賛助出演
県民文化ホール ディベルティメントK136、ビバルディ:四季より「秋」、バルトーク:ルーマニア民謡  

第3回 1992年 平成4年 8月8日 土曜日 県民文化ホール
ディベルティメントK138、バッハVn協奏曲2番  
ブランデンブルク3番、管弦楽組曲2番

第4回 1993年 平成5年 10月23日 土曜日
「かざぐるま」「フライエ」賛助 県民文化ホール
バッハVn協奏曲2番、アイネク、G線上のアリア  
ハイドン・セレナーデ、グルック「精霊の踊り」  

第5回 1994年 平成6年 10月22日 土曜日 県民文化ホール
ビバルディ:4つのVnのための協奏曲、レスピーギ:古風なアリア、モーツアルト:ディベロK137  
映画音楽(メモリー、チムチムチェリー、南太平洋)  

第6回 1995年 平成7年 10月14日 土曜日 県民文化ホール
グリーグ「ホルベルク組曲」、ビートルズメドレー  
ビバルディ:4つのVnのための協奏曲、フォーレ:夢のあとに、2つの悲しい旋律  

第7回 1996年 平成8年 11月2日 土曜日 県民文化ホール
モーツアルト40番、バッハVn協奏曲  
シベリウス:アンダンテフェスティーボ、アンダーソンメドレー  

第8回 1997年 平成9年 11月3日 日曜 県民文化ホール
ビバルディ:4つのVnのための協奏曲
グノー作曲 小交響曲
ハイドン作曲 交響曲第101番「時計」
ポップス:エルクンバンチェロ、ラ・バンバ、ブラジル、テイク5

第9回 1998年 平成10年 10月24日 土曜日 県民文化ホール
ラベル作曲  亡き王女のためのパヴァーヌ
モーツアルト作曲 ディベルティメントK136
映画音楽  
ベートーヴェン作曲 交響曲8番

第10回 1999年 平成11年 10月23日 土曜日 県民文化ホール
モーツアルト作曲 アイネクライネナハトムジーク
ヘンリー・マンシーニ・メドレー  
ベートーヴェン作曲 交響曲5番「運命」   

第11回 2000年 平成12年 10月21日 土曜日 県民文化ホール
モーツアルト「パリ」
シュトラウス作曲 美しき青きドナウ、春の声、ピチカートポルカ  
フィンランディア、ディベルティメントK137  

第12回 2001年 平成13年 10月20日 土曜日 県民文化ホール
ドボルザーク作曲 新世界」
バッハ作曲 ブランデンブルク3番
映画音楽 :ETのテーマ、レイダースマーチ(弦楽版)、虹を超えて 

第13回 2002年 平成14年 10月19日 土曜日 県民文化ホール
モーツアルト作曲 「魔笛」序曲
グリーグ作曲    ペールギュント組曲  第一番
ベートーヴェン作曲 交響曲7番

第14回 2003年 平成15年 10月4日 土曜日 県民文化ホール
チャイコフスキー作曲 交響曲第5番
レスピーギ作曲 古風なリュートのための組曲
映画音楽 :スターウオーズ、ハリーポッター、ジュラシックパーク

第15回 2004年 平成16年 10月16日 土曜日 県民文化ホール
ワーグナー作曲  ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲
メンデルスゾーン作曲 バイオリン協奏曲(独奏:斎謙)  
ドボルザーク作曲  交響曲第8番

《1~15回まで指揮者は高口浩二氏》 

第16回 2005年 平成17年 10月29日 土曜日 県民文化ホール  (お客様249名)
モーツァルト作曲  交響曲ハフナー
ベートーベン作曲  交響曲第3番「英雄」
指揮 久保田洋

第17回 2006年 平成18年 9月9日 土曜日 広島西区民文化センター(お客様344名)
ベートーベン作曲 エグモント序曲
シベリウス作曲  カレリア組曲
ベートーベン作曲 交響曲第1番
指揮 永峰大輔

第18回 2007年 平成19年 9月8日 土曜日 広島西区民文化センター(お客様391名)
シューベルト作曲  ロザムンデ序曲
ドビッシー作曲   小組曲
チャイコフスキー作曲 交響曲第4番
指揮 松浦 修

第19回 2008年 10月4日 土曜日 広島西区民文化センター(お客様507名)
スメタナ作曲 連作交響詩「我が祖国」よりモルダウ
モーツアルト作曲 ピアノ協奏曲第23番 
ドボルザーク作曲 交響曲第9番「新世界より」
ピアノ演奏 岡野説子
指揮 松浦 修

第20回2009年10月3日(土曜日) 広島市西区民文化センター(お客様291名)
スッペ作曲 喜歌劇「軽騎兵」序曲
ボロディン作曲 イーゴリー公より「ダッタン人の踊り」
ベートーベン作曲 交響曲第5番「運命」
指揮 高口浩二

第21回2010年10月2日(土曜日)広島市西区民文化センター(お客様369名)
ビゼー作曲 カルメン組曲1番、2番
ブラームス作曲 交響曲第1番
指揮 齊城英樹

theme : クラシック
genre : 音楽

第19回定期演奏アンケート集計

19回定期演奏会
総入場者:507人
アンケート回収:73枚(14%)

1)失礼ですが性別、年齢をお答え下さい。
入場者性別年齢構成
例年通り中年(特に中年男性は少ない)のお答えが少ないようです。
また例年通り、性別年齢に記入されなかった方がおられました。

2)今回の演奏会をどうやってお知りになりましたか?
演奏会を知った理由
団員から聞いたという声が6割を占め、各団員が観客を集めた事がわかる。また2割が招待券で知ったということで、来年も招待券郵送が効果的と思われる。

3)あなたの音楽嗜好は?
音楽の嗜好

やはりクラシックのコンサートですね。クラシックファンが6割です。

4)今回でメディムジカアンサンブルのコンサートは何回目ですか?
今回が何回目?

これを見ますと。演奏会に来られるかたはここ3~5年の間に増えたと言えます、が
長年来られている方はアンケートを記入しない、という事も言えます。
また発足当時からの方が毎年アンケートに答えていただけて光栄に思います。

2009年度活動方針

来年の演奏会の予定。
第20回メディムジカアンサンブル定期演奏会
指揮:高口浩二
演奏:メディムジカアンサンブル
演奏会日時:2009年10月3日(土曜日)18時半開演
場所:広島市西区民センターホール

曲目
⦿スッペ作曲:喜歌劇「軽騎兵」序曲
SuppeOuverturen.gif
序曲集というより重厚な交響曲のような感覚です。

⦿ボロディン作曲:ダッタン人の娘の踊り、ダッタン人の踊り
ダッタン人の踊り
1971年の録音で、ライオンが鼠を捕獲するのに全力で当たるが如く、当時油ののりきったカラヤン/ベルリンフィルが送る最高の「ダッタン人の踊り」。


⦿ベートーベン作曲:交響曲第5番ハ短調「運命」
運命
管理者が所有しているカラヤン/ベルリンフィルの最新番です。最後の録音なのでいつまでたっても「運命」の最新版です。


メインページに戻る
団へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
プロフィール

メディムジカ

Author:メディムジカ
広島市を中心に活動している、オーケストラの団体です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。